20代から30代の転職を考えている男女の中には、上司と合わないから今の仕事を辞めたいという人が少なくないようです。中には、無理して続けようとしている人もいるでしょう。

しかし、合わない上司と仕事をしていてもモチベーションは上がりませんし、出世などの可能性も低くなってしまいます。

リク子
上司と合わないなら転職も視野に入れたほうが良いですよ!
私の経験上、実際に転職するかは別として、気持ちに余裕が生まれます。

それならば、さっさと転職した方が出世や給与アップに繋がりやすいのではないでしょうか?

こちらの記事では、上司と合わない人はサッサと転職したほうが良い理由を紹介していきます。

合わない上司について

上司は絶対的な存在

20代から30代くらいの若い社会人にとって、上司は絶対的な存在です。

その日にどんな仕事をするのか、その結果をどう評価するのかなど大きく関わってきます。私も大企業と中小企業両方で働いていたことがあるため、よくわかります。特に小さな企業や人数の少ない部署では上司の発言力は強力です。

例えば、大企業であれば、部署異動や転勤なども珍しくありません。そのため、規模の大きい企業であれば、結果的に合わない上司から離れられるチャンスが多いと言えるでしょう。

リク子
私自身、合わない上司から転勤で離れることに成功したこともあります。

ですが、転勤などない小さな企業で働いた際には上司との人間関係には苦労しました。

上司が変わる可能性がほぼないため、心理的なプレッシャーも大きかったです。自分が辞めなければ、この先20年以上も一緒に働くことになったでしょう。狭い職場ほど上司との相性が重要になります。そのことを実感したことがある人も多いはずです。

合わない上司と働くと自信を喪失してしまう

合わない上司は様々な理由で叱責してきます。私の場合もそうでした。

中には正しい意見もありましたが、たいていは理不尽な叱責です。

このような状態の最大の問題点は、自信の喪失に繋がるということです。仮に理不尽な理由であっても叱責され続けると不思議なもので、自分が悪かったのではないかと考えるようになっていくのです。

論理的に考えれば上司の失敗であり、自分に責任がまったくなかったとしてもです。また、多くの人たちは上司によく怒鳴られている人とは仲良くしようとしません。

リク子
私も連日の叱責の影響で、仲の良い人がほとんどいなくなりました。
そして、自信をどんどんなくしていったのです。
そうなると、仕事も徐々に上手くいかなくなっていきました。

上司と合わない人はサッサと転職した方が、自信を回復させる効果が期待できると私は思います。

自信の喪失は確実に自分自身を追い込んでいきます。

合わない上司から離れると?

自分の可能性が広がる

私が考えるに、合わない上司のもとで仕事を無理に続けるよりも転職した方が可能性が広がるように思います。

20代から30代くらいの人は、まだ転職経験が少ない人が多いでしょう。中には1度も転職したことがない人もいるかもしれません。確かに、良い企業で長く勤めることは大切なことです。

しかし、合わない上司の元でひたすら我慢し続けることが良い結果に繋がるとは限りません。

ストレスで精神を病んだり、体を壊したりする人だっているでしょう。

リク子
そこまで我慢する必要はあるのでしょうか?

リスクもあるが、必ず良い方向に進む

転職すると必ず給料が下がったり、出世が遅くなったりすると勘違いしている人もいるかもしれません。

もちろん、そういうケースもありますが、良い転職をすれば良い上司に巡り会え、早く出世することもあり得ます。

リク子
少なくとも、合わない上司の元にいるよりは良い結果が出ると私は思います。

毎日のように上司に理不尽な扱いを受けていると、自分は仕事ができないんだと思い込んでしまうことがあるのです。私自身そうでした。

そうなってくると転職先なんてないとか、今より酷い扱いを受けるに違いないとか、悪い方向にばかり考えが行ってしまうのです。

そうなる前に、さっさと転職先を探した方が良いでしょう。

気が合う上司がいる職場だと?

モチベーションがアップする

人間がやる気を出す理由は、何も給料だけではありません。人間関係によっても、モチベーションは大きく変わってきます。

リク子
私は転職して上司と気の合う職場に移り、モチベーションが一気に上がりました。
毎朝出社して上司の顔を見ると思うだけで、気分が一気にダウンしていた頃とは大違いです。

モチベーションが上がれば積極性も出て、様々なことにチャレンジする意欲が出てきます。気の合う上司であれば、間違いなくそういう前向きな姿勢を評価してくれることでしょう。

正しく自分を評価してくれる

また、一般的に上司は部下のマネジメントも担当しています。部下のやる気を引き出すために動機付けを行ったり、公正な判断を下したりする業務もしているのです。

上司と合わないということは目的や目標がわかりづらく、評価の判断基準が曖昧になっているということでもあります。上司が目標を設定し、その結果を正しく評価してくれなければ成長することは難しいでしょう。

社会人としての目標になってくれるような上司を見つけることは大切だと思います。

笑顔で明るく頑張れる

笑顔は対人関係の基本です。どのような仕事についても、色々な人と関係性を築いていかなければなりません。

リク子
私も合わない上司に理不尽な叱責を受けながらも、対人関係では笑顔を意識していました。
しかし、上手くいっていなかったでしょう。おそらく引きつっていたと思います。
人間の感情とはそこまで割り切れるものではないからです。

暗く消極的な人間と明るく積極的な人間がいて、両者の能力が同じであれば、出世が早いのは間違いなく『明るく積極的な人間』です。

転職前の私は割と消極的なタイプでした。上司と合えば、自然と明るくなって積極的に活動できるようになるものです。そうすれば、結果的に出世や給与アップに繋がりやすくなるでしょう。

上司と上手くいけば、様々なことを教えてもらえる

合う上司の元で働く意外と大きなメリットは、様々な仕事を教えてもらえることです。合わない上司は、基本的に重要な仕事や実績になる仕事は任せてくれません。少なくとも私の場合はそうでした。

重要な仕事を任せてもらえないということは、能力や責任感などがほとんど成長しないということでもあります。

当然、重要な仕事の手順や知識が欠けている人間が出世したり、給与が上がったりすることは稀です。気の合う上司はしっかりと指導して、成長させてくれます。

リク子
今は実力主義の会社に転職したので、成長がすぐに給与アップに繋がりました。
おそらく出世も以前に勤めていた会社よりは早くなると思います。

合わない上司の元で色々諦めるよりも、転職して新しい道を模索する方が良い結果に繋がるでしょう。

気の合う良い上司は成長させ導いてくれる

20代から30代くらいで上司と合わないことを理由に転職を考えている人は、是非転職した方がいいと思います。20代や30代はまだまだ若いです。若い分、転職も容易です。

転職すれば、出世や給与アップに繋がりやすいでしょう。なぜなら喪失した自信が回復したり、新たな仕事の可能性が広がったりするからです。モチベーションも確実にアップします。

リク子
私は良い上司(ジェームズさん)に巡り合ったことで、楽しく編集の仕事をやってます!

上司は本来であれば、部下を成長させ、導く存在です。良い上司に巡り合うために転職することをおすすめします。

おすすめの記事