リク子
新しく社会人となり、3年以内に働いている会社を退職し、就職活動をする人たちの事を業界用語で第二新卒と呼ばれています。

長期的に会社に勤めることなく転職活動をしている第二新卒者はその立場上、企業からの市場価値がとても低いように感じている人もいるかもしれません。

今までのキャリアを活かし、立場を上手く利用して転職活動をすれば新卒では決して入れないような企業に転職することも可能です。

第二新卒は自己分析後の転職がおすすめ

新卒時の就職活動の際にも自己分析はしっかりと行ってきたのかもしれませんが、第二新卒者として再び就職活動をしているということは、自己分析の際に何かしら至らない部分があって自分の希望通りの企業に就職できなかったことも原因の一つになっているかもしれません。

第二新卒者は転職するタイミングが最も適しているといわれているのですが、この時期を過ぎるとだんだん年齢を重ねていくこともあって、フレッシュさという面では勝負できなくなります。

リク子
20代後半の転職の際にはキャリアを重視されるため、即戦力になるかどうかが転職を成功させるための重要なポイントとなるのです。
ここがポイント!
第二新卒者は自分が今までやってきたことや、できることを積極的にアピールできるかどうかが転職成功の大きな分かれ道となります。
自分自身を積極的にアピールするためには、自己分析をして自分の得意分野や好きな事を把握しておくことが必要不可欠です。

しかし、自分一人で自分自身を客観視することはなかなか難しかったりします。

そこで第三者に分析してもらうのも自己分析の一つの方法です。

そこで第二新卒者に有効なのが転職エージェントを積極的に利用することです。

転職エージェントはプロの視点で転職希望者の強みやアピールポイントなどを分析し、アドバイスしてくれます。

第二新卒の転職エージェントの選び方

転職エージェントといってもさまざまな転職エージェントがあります。どの転職エージェントが自分に合うかはサイトを見るだけでは分かりません。

リク子
転職に成功するかどうかはどの転職サイトを利用するかよりも、どんなエージェントアドバイザーに巡り合うかどうかによって大きく左右されるといっても過言ではありません。

優秀なアドバイザーに巡り合えるかどうかは運の要素も大きく絡んできます。

第二新卒者に限ったことではありませんが転職エージェントサイトには複数登録し、実際にアドバイザーと面談をたくさんこなして

自分に合うアドバイザーを選択しましょう。

おすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒採用において最も利用されている「マイナビ」が運営する転職エージェントサイトです。

マイナビは新卒者獲得を目指している企業がほぼすべて求人広告を掲載するほど圧倒的なシェアを誇っていて、第二新卒者に関してもマイナビエージェントを利用する企業がとても多いです。

新卒者の就職領域においてトップシェアになったマイナビですが、今度は転職業界においても第一位のシェアを狙っているとあってその活動はとても積極的です。

ここがポイント!
求人広告を見ると、特に20代前半や第二新卒者をターゲットにしている求人情報も多数掲載されています。

リク子
数ある転職エージェントサイトの中で最も勢いがあるので、登録しておいて損はないでしょう。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェントは案件数、転職成功件数ともに業界トップクラスの総合転職エージェントです。

リクルートエージェント最大の特徴はなんといってもその案件の豊富さでしょう。

ここがポイント!
他の転職エージェントでは見つからなかったような案件も、リクルートエージェントを探せば見つかったというケースも数多くあります。

老舗ということもあって、エージェントの中には豊富な経験を積んでいる人も多いです。

リク子
そういった担当者に巡り合うことができれば質の良いアドバイスを受けることができるでしょう。

案件数が多いということは、自分の希望する企業に転職できる可能性も高くなりますから、リクルートエージェントは登録する転職エージェントとして選択肢に含めておくと良いのではないでしょうか。

 

doda

dodaは先に紹介したリクルートエージェントと肩を並べるほどの転職エージェントサイトで、掲載されている案件数はとても豊富です。

掲載されている案件数が多いということは選択肢が広がることに繋がります。

そのほかにも、地方の企業や中小企業の掲載数が豊富というのがdodaの大きな特徴の1つです。

リク子
地方での転職を望んでいる人にとっては、とても有益な情報源となるでしょう。
ここがポイント!
また、エージェントが親身になって転職希望者に的確なアドバイスをしてくれるという評価もされています。

職務経歴書や面接など転職希望者が頭を悩ませることに関して、的確な指導をしてくれるのは利用者にとっては非常に有難く感じる事でしょう。

 

type転職エージェント

type転職エージェントは転職希望者に対して手厚いサービスを提供してもらえると転職業界内でもとても評価の高いサイトです。

ここがポイント!
手厚い質の良いサポートを全ての転職希望者に提供するために対象エリアをあえて関東圏に絞っています。

したがって地方での転職を望む人の場合は、あまり実になる情報は得られないかもしれません。

リク子
一方で関東圏に住んでいる人は、必ず登録しておいて損は無い転職エージェントサイトです。

特に現在最も勢いのあるIT・エンジニア業界にはとても強いパイプを持っており、独自の求人案件を多数抱えています。

 

ワークポート

ワークポートも先ほどのtype転職エージェントと同様に、地域を限定して手厚いサポートを提供することを目指している転職エージェントサイトです。

type転職エージェントが主に関東圏をメインにしているのに対し、ワークポートは東京、大阪、福岡の各大都市での転職案件を数多く掲載しています。

ここがポイント!
ワークポートの最大の特徴として、公式サイト内で登録者が利用できる「eコンシェルジェ」があります。
「eコンシェルジェ」はパソコンやスマホで転職者の活動スケジュールを一括で管理できるシステムです。

複数の企業に対して採用試験をする場合、試験の日程などを把握し、活動を進めるのは自分の頭だけでは大変です。

リク子
「eコンシェルジェ」は転職活動をサポートしてくれる心強い味方になってくれるでしょう。

 

第二新卒者は転職エージェントを積極的に利用しよう

第二新卒者は実際に社会人として働いてきたからこそわかることや経験があります。

その点は新卒者よりとても有利です。

このメリットを最大限に生かすためには、転職エージェントのアドバイザーの協力を得ながら、まずは自己分析をしっかりとおこなっていく事が重要になります。

自己分析をおこなうことによって自分が本当に求めている職場や仕事が見えてくるでしょう。

リク子
優れたアドバイザーに巡り合えるかどうかは運も絡んでくるので、転職エージェントには複数登録しておきましょう
おすすめの記事