現在の日本では働き方改革の流れもあり様々な働き方が生まれていますが、その一方で仕事をしていないニートの人もそれなりの数で存在します。

リク子
ニートになってしまうきっかけや理由は人それぞれですが、このままではいけないと心の中では多くの方が思っているのではないでしょうか。

この記事では、ニートの人が「働こう!」と思ったときに利用してほしい就職・求人サイトをいくつか紹介します。

ニートについて

ニートって?

ニートという言葉を聞くと無職の人という漠然としたイメージを抱きがちですが、この言葉は定義としては「仕事、あるいは就学のどちらも行っておらず、就労のための訓練もしていない人」を指します。

ニートに近い状態としてフリーターが挙げられますが、フリーターは就労の意思はあるが何らかの理由によってフルタイムで働かない状況を意味するので、ニートとは別のものです。

ニートの人口は?

厚生労働省によるニートの定義は「15~34歳の非労働力人口のうち家事も通学もしていない男女」となっており、2014年時点で日本国内に56万人のニートがいるとされています。

ただし当然のことながら現実には35歳以上の無業者である「中年ニート」も存在しており、総務省が公表した2016年の労働力調査によるとその数は123万人にも及ぶようです。

最近はニートを採用したい企業が増えている

リク子
ニートとは就労する意欲のない者であるので、これまで企業は採用を敬遠する傾向にありました。
しかし昨今は人手不足問題が深刻化していることもあり、ニートに対しても積極的に求人を行う企業も増えています。

ただしニートは、年齢が上がるほど就職するのが難しくなっていく面もあるので注意が必要です。

就職するにあたってのアドバイス

一般的に、ニートである期間が長ければ長いほど就職するのも難しくなっていくとされてはいますが、対策を行えばニートであっても就職することは可能です。

リク子
ニートが就職する際に気を付けるべきポイントはいくつかあります。

身だしなみを整える

まずは身だしなみをきちんと整えることです。

リク子
ニートである期間は身なりにあまり気を使わないかもしれませんが、就職するとなるとそうはいきません。
ここがポイント!
就職活動にはスーツやシャツで臨むことが多いですが、それがよれていたりしわだらけだったりすると第一印象が悪くなってしまうので注意しましょう。

未経験を採用する職種がおすすめ

色々な業界・職種に目を向け、複数の企業に応募することも大切です。

リク子
現実的なことを言うとニートからの就職は、可能だとはいえ職歴の空白期間がない人に比べるとハンディを背負う面があることも事実です。

そのため、未経験でも採用することが多い人手不足の業界の企業などに注目することが大切になってきます。

また、一社のみに絞るのでなくいくつか受けておいて採用となった企業の中から実際の入社先を選ぶことも必要でしょう。

本気で正社員を目指すなら転職エージェントに相談しよう!

1.ウズキャリ

ウズキャリは株式会社UZUZが運営する、第二新卒専門を謳う転職サイトです。

第二新卒とは新卒で就職したものの数年程度で退職した人を指すため、ウズキャリは年齢が20代で一度は企業に就職したもののニートになってしまった方には向いていると言えるでしょう。

ウズキャリの特徴は、他の多くの就職サイトや転職サイトと違い第二新卒者や既卒者の就職に特化しているため、そのような方が就職するためのノウハウが豊富にあることです。

リク子
例えば、ウズキャリは登録している企業に推薦状を送るサービスを行なっていますが、その書類選考通過率は87%を超えています。

また、ウズキャリのキャリアカウンセラーは全員元既卒、あるいは元第二新卒で構成されていることから、利用者は等身大の転職経験に基づいてアドバイスを受けることができます。

ここがポイント!
ウズキャリは、登録した企業がブラック企業かどうかを厳しく判定することも行っているため、前職がブラック企業だったせいでニートになったような場合でも安心して利用できそうです。

 

2.DYM就職

DYM就職は第二新卒や既卒、フリーターが正社員として採用されることを支援する就職サイトで、ニートも利用できます。

DYM就職には特徴がいくつかありますが、その一つが登録している企業と書類選考を経ずに面接を行えることです。

一般的に、企業に就職するときは履歴書などの書類選考が必須のものとなっています。

履歴書には経歴を書く必要があるので、過去に会社をすぐに退職したことがあったり職歴がなかったりする入社志望者は、そうでない人に比べると不利になってしまいます。

しかし、DYM就職であれはDYMのエージェントと面談をした上で就職を希望する企業と面接を行う流れになるため、経歴上のマイナスポイントを気にせず就職活動を行うことが可能です。

リク子
また、エージェントが面接練習や服装指導を行なってくれることもこのサイトの強みだと言えます。
ここがポイント!
就職活動をしたことがなくどのようにすればいいのか不安を感じているニートの人でも、エージェントとやり取りをすることで就職に対し十分な準備をすることができるでしょう。

 

3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは就職情報サイト「マイナビ」などで有名なマイナビが手掛ける人材紹介サービスです。

マイナビエージェントは、新卒で入社する方向けのものではなく転職希望の方向けのサイトとなっており、エージェントとやり取りをしながら転職を実現していきます。

転職希望者向けと一口に言っても、マイナビエージェントではキャリアアドバイザーが必要書類をサポートしたり、企業との交渉手続きを代行するといった点で「マイナビ転職」とは違いがあります。

マイナビエージェントの強みは、ここにしかない非公開求人が多数集まっていることです。

リク子
他の就職サイトを使った就職活動がうまくいかなかった場合は、このサイトを利用してみるのも一つの手です。

なお、マイナビエージェントは、ウズキャリやDYM就職のように第二新卒やフリーターに特化したサイトというわけではありません。

ここがポイント!
しかし、キャリアアドバイザーがアドバイスを行ってくれるという部分は社会慣れしていないニートにとってメリットがあると言えるでしょう。

 

4.JAIC(ジェイック)

JAICは就職支援サービスや採用支援サービス、教育支援サービスなどを総合的に提供しており、そのうち就職支援に関しては20代の就職・転職支援に力を入れていることが特徴です。

リク子
また、単に就職希望者を就職させるというだけにとどまらず、就職してからも困らない社会人の基礎の指導なども行なっています。
フューチャーファインダーという適性診断行えるサイトも運営しているので、これまで働いたことがなく自分にはどの仕事が向いているのか分からないという場合は、利用して見ると良いかもしれません。

JAICの強みは女性の就職・転職支援も重視していて、第二新卒やフリーターなど社会人経験の浅い女性を対象としたサービスを展開していることにもあります。

ここがポイント!
女性向けサービスの一環として開催されている「女子カレッジ」に参加すると、20代女性に特化した就職講座を無料で受けられる上に、育休制度など女性が働きやすい環境が整った企業20社と必ず面接することが可能です。

一度は社会に出て働いていたものの、今はニート状態だというような女性にはJAICのサービスが向いているとも言えそうです。

 

正社員の求人がみたいなら転職サイトへ登録してみよう!

1.リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが運営する大手就職情報サイトです。

ここがポイント!
日本全国の多種多様な求人情報が数多く掲載されており、それらを勤務地や職種、キーワードなどで絞り込むことができます。

リク子
未経験者歓迎という条件で求人を探すこともできるため、ニートという状況の方でも自分にあった仕事を見つけることも可能です。

リクナビNEXTで就職活動する場合、基本的に入社したい企業に自分からコンタクトを取る形になりますが、それだけでなく「オファーを待つ」という機能も用意されています。

これは自分の情報を詳細に登録しておくと、採用したいという企業から連絡が来るというものです。

ニートの場合、何らかのスキルや資格を持っていれば企業からオファーが来ることもありえるでしょう。

 

2.doda

dodaもリクナビNEXTのような転職情報サイトの一つであり、勤務地や業種などの条件で求人を探すことが可能です。

原則的に自分で好みの求人に応募する必要がありますが、エージェントサービスやスカウトサービスもあります。

ここがポイント!
dodaの特徴の一つは「第二新卒歓迎の求人特集」や「定着率95%以上の企業特集」など、色々な観点から企業をまとめた特集を多く組んでいることです。

同じ条件の複数の企業を比較できるので、より自分にマッチする企業を見つけることができると考えられます。

リク子
無料・服装自由で参加できるので、就職についてわからなかったり不安があったりするというような方はそこで直接確認や相談をすることもできます。

 

3.バイトルNEXT

ディップ株式会社が展開する社員求人サイトがバイトルNEXTです。

ここがポイント!
アルバイトの次のステップとして社員を目指す方に向けたサイトとなっており、求人の掲載件数が8万件以上にも達することが特徴です。

掲載されている求人特徴が細かく分類されており、「未経験・初心者歓迎」はもちろんのこと「ブランク有OK」や「学歴不問」などというカテゴリも存在します。

リク子
働くことにおいて役立つ情報をまとめたページもあるので、何か分からないことがある場合はそれを参照すると便利です。

 

アルバイトなら求人サイトへ応募しよう!

1.タウンワーク

まずはアルバイトから始めてみようという場合は、リクルートが運営するタウンワークでアルバイト先を探すことができます。

リク子
掲載されている全国の求人件数が100万件近くにも及ぶことがタウンワークの強みで、勤務地や時給のほかアルバイト先が入居している施設などの条件でも求人を探すことが可能です。
ここがポイント!
タウンワークにはアルバイト応募の際の電話のかけ方や税金について解説するコラムも用意されているので、働くこと自体が初心者である方にはわかりやすいサイトだと言えるでしょう。

メールサービスも整えられていて、希望の条件を登録しておけば募集が出た際にその案内が届く機能も備わっています。

なお、募集されている求人の中には、芸能人と関わるような「激レアバイト」と称されるものも時々あるようです。

 

2.マイナビバイト

マイナビバイトもアルバイト求人サイトであり、色々な条件からアルバイト先を探すことが可能です。

リク子
マイナビエージェントが正社員の転職希望者向けサイトだったのに対し、マイナビバイトはアルバイトに特化したサイトとなっています。
ここがポイント!
マイナビバイトには長期間にわたるアルバイトだけでなく、最短で1日からというような短期のバイトも数多く掲載されているという特徴があります。

募集している企業の中には、どういう人物をアルバイトとして採用したいのか詳しく解説しているところもあるので、どこに応募しようか迷った時はその部分も参考にすると良いでしょう。

 

3.バイトル

リク子
バイトルはバイトルNEXTのアルバイト求人版と言えるサイトです。
ここがポイント!
日本全国のアルバイトを、条件を指定して検索できることはもちろんのこと、検索履歴を確認する機能や応募先の候補として求人を登録する機能も備わっています。

アルバイト募集サイトでありながらもスカウトメール機能もあるので、情報を登録しておけば企業から採用したいという連絡が届くこともありえます。

ミュージシャンなどがかつて従事していたアルバイトについて語るような特設ページも用意されています。

それを読めば、そのアルバイトがどういうものであるかのイメージがより具体的になるかもしれません。

 

まとめ

リク子
今はニートであってもこの先就職することは不可能ではありません。

ニートの状態からの就職は心身ともに大変かもしれませんが、世の中には未経験者や初心者を歓迎している企業や、ニートの就職支援を行っているサービスも多く存在します。

ニートであるけれど就職しようと考えている方は、この記事で紹介したようなサービスを使いつつ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

おすすめの転職サービス

ウズキャリ第二新卒
ここがおすすめ!

・20代・第二新卒に特化したサービス
・就職サポートの質が高い
・ブラック企業の求人は排除

就職SHOP
(リクルートグループ)
ここがおすすめ!

・第二新卒・既卒に強い転職サービス
・書類選考無しで100%面接が可能
・大手リクルートグループ

ハタラクティブ
ここがおすすめ!

・学歴・職歴がなくても大丈夫
・未経験求人が圧倒的に多い
・サポートが手厚い

おすすめの記事