転職を考えている場合、新卒で入社して間もなければ中途枠だけでなく、第二新卒枠で転職することも出来ます。

第二新卒枠は中途枠よりも有利と言われますが、それはどうしてなのでしょうか?

また、そもそも第二新卒とはどんな立場の人を指すのでしょうか?

今回は

  • 第二新卒とは何か?
  • 第二新卒での転職がどうして有利なのか?
  • 企業が第二新卒に求めること
  • 第二新卒の人へアドバイス

これらの内容を解説します。

第二新卒って?

第二新卒とは一般的に新卒で就職して3年以内の転職希望者のことを指すことが多いです。

しかし、第二新卒にはっきりとした定義はなく、企業によっては第二新卒の条件が異なることもあります。

そのため、第二新卒の対象となるのは25~6歳の人となることが多いです。

また、第二新卒に似た言葉で「既卒」という言葉があります。

ただ、既卒は大学を卒業していて企業などで社会人として働いたことが無い人のことを指すので、第二新卒とは少し扱いが異なります。

しかし、既卒と第二新卒が同じ扱いとなっている企業もあり、転職活動の際はしっかりと求人の内容を確認したうえで応募をしましょう。

第二新卒は転職が有利?

基本的なマナーが身についているから

第二新卒は中途採用よりも転職を有利に進められると言われることが多いです。

しかし、短期間で企業を辞める人なのにもかかわらず、どうして第二新卒の転職は有利と言われるのでしょうか?

まず、第二新卒の場合、新卒で入社した職場の研修にて既に社会人の基本的なマナーを身につけています。

そのため、新卒入社と違って社会人の基本的なマナーに関する研修が必要ありません。

若い人材を確保したいから

また、現代においては中小企業を中心に若い人材の確保が困難となっています。

そのため若い人材が欲しいのであれば、新卒よりも範囲を広げて第二新卒世代の人材も積極的に採用しないと若い人材を確保することが出来ないのが現状です。

企業研究をした上で応募してくるから

第二新卒での転職希望者はもちろん中途採用希望者と比べると短期間で仕事を辞めているので、転職活動も不利になると考えている人が多いでしょう。

このような理由から、第二新卒枠で転職活動をする人は企業研究をして、自分に合う環境・仕事かしっかりと判断をしたうえで応募する人が大半です。

次は簡単に辞めない覚悟を持っているから

次は短期間で辞めることが出来ないという覚悟もあるうえで応募をするため、企業側も長期的に育成できる若い人材として第二新卒の人材を欲しています。

本当に第二新卒で転職活動をして大丈夫なのか、不安に感じる人も多いでしょうが、新卒で入社した企業を3年以内に辞める人の割合は30%程度とかなり高い数字になっています。

企業が第二新卒に求めること

社会人としての基本的なマナー

企業が第二新卒に求めることは基本的には「社会人としての基本的なマナー」と「仕事に対するやる気」の2つです。

やはり第二新卒は既に社会人としての教育を受けているために、基本的なマナーは要求されます。

新卒を採用する企業の中には社会人としてのマナー教育に時間をかけない企業も多く、転職活動の際に一度社会人としてのビジネスマナーを確認しておく必要があるでしょう。

また、第二新卒での転職をする場合、転職エージェントを利用する人も多いです。

転職エージェントの中には応募書類対策や面接対策を行っているところも多く、キャリアアドバイザーにビジネスマナーに関してアドバイスを貰うのも良いでしょう。

仕事に対するやる気

第二新卒に対するスキルレベルに関しては、新卒と同じようにあまり求めていません。

元々短期間で仕事を辞めているために、採用する企業も第二新卒に対して「仕事に関するスキルはあまりないだろう」と思っているからです。

採用する企業は、どちらかと言うと新卒と同じような教育をして、会社の未来を担う人材として仕事を0に近い状態から覚えてもらうことを求めています。

第二新卒の人材は企業にもそれほど染まっていないため、新たに能力開発をしやすいと言えるでしょう。

このような理由から、仕事を積極的に覚えて慣れようとするやる気がとても大切です。

第二新卒の人へアドバイス!

今の仕事が合っていない人は転職した方がいい

第二新卒での転職をおすすめするのは、「今の仕事が自分に合っていないと感じている人」です。

中途採用で転職をしようと思っても、どの職種においても3~5年程度の経験が必要となっており、自分が経験したことが無い職種への転職はとても難しいでしょう。

それに対し、第二新卒の場合は未経験OKの求人も多く、キャリアチェンジを狙うなら第二新卒が最後のチャンスです。

そのため、今の仕事が向いているかどうかはわからないと感じているのであれば、第二新卒での転職を考えましょう。

1年以上の勤務歴があれば有利

基本的にどの職場でも仕事に必要な最低限のスキルを身につけるには最低1年かかると言われています。

そのため、あまり向いていないと感じていても、1年後には状況が変わっている可能性もあるでしょう。

転職を後悔しないためにも第二新卒で転職活動を考えるなら、まず1年新卒で入社した企業で頑張ってから転職活動を始めるのがおすすめです。

ブラック企業かどうか見極める

最後に注意すべき点は、ブラック企業に転職しないようにする必要があります。

短期間で企業を辞めているのにもかかわらず、未経験OKで採用をしている企業の場合、ブラック企業である可能性も0ではありません。

場合によっては新卒で入社した企業よりも待遇が悪くなる可能性もあり、しっかりと企業の実情を調べたうえで転職活動をしましょう。

第二新卒での転職はしっかり考えることが大事!

第二新卒での転職は、新卒で入社した職場の仕事が向いていないと感じている場合、別業種へ転職できるチャンスと考えましょう。

しかし、綿密に自己分析や企業分析を行わないと、転職に失敗してしまう可能性もあるため、本当に転職すべきかどうかをしっかり考えたうえで転職活動を行う必要があると言えます。

おすすめの記事