転職で失敗する人としない人の違いは?比較して分かる成功者の活動方法

リク子
昔に比べて転職率が高くなっていますが、無事に望ましい会社に再就職できる人と上手くいかない人とに分かれてしまうのが実状です。

転職で成功する人達にはいくつかの共通点があり、成功人と失敗する人には転職活動においても色々と違いがあります。

転職は人生における大きな転機でもありますよね。

失敗しないためにも、転職成功者と上手くいかない人の違いについて知っておきたいものです。

こちらの記事では、『転職で成功する人』『転職で失敗する人』の違いを紹介してきます。

成功する人は妥協できる・できないが明確

リク子
転職で上手くいく人の特徴として、求人において妥協できる点とそうでない点がはっきりしていることが挙げられます。

職探しにおいて「これだけは絶対に嫌だ」というのが明確になれば、自然と業種も絞られます。

そして、就業してからも自分にとってストレスを感じる部分が少なくて済むはずです。

リク子
結果として働きやすい職場に再就職でき、転職して正解ということになるのです。

何を妥協できないのかはっきりさせるには、前職での退職理由を明確にすれば良いでしょう。

例えば、残業や休日出勤が多いことが一番の退職原因であったならば、次の会社はその点において納得いく所を探せば良いわけです。

転職で失敗する人は「どこでも良いから内定がもらえれば良い」と考えがちで、そのために少し引っ掛かる条件があっても妥協してしまいます。

何もかも完璧な理想条件の会社はなかなかありませんが、前職で嫌だったことが次の職場でも生じると結局転職を繰り返すことになるでしょう。

転職で成功するためには、妥協できない部分は決して妥協せずに会社を選ぶことがとにかく重要と言えるのです。

成功する人は退職前から転職活動をする

リク子
職場で何かしら嫌なことがあって感情的になり、とにかく早く退職したいと思う人もいますよね。

そういうタイプの人は冷静さを失ってしまい、早々に退職してしまいます。

仕事を失ってから転職活動を始めるものの無収入の期間も長くなり、思うように再就職できないケースが非常に多いのです。

一方で、仕事を辞めたいと思っても我慢して働きながら仕事終わりや休日を利用し、地道に次の仕事を探す堅実な人もいます。

リク子
転職で成功するのはまさにこのタイプです。

働きながら転職活動をするため、無職の期間がほとんどないのが大きなポイントです。

立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが感情任せですぐに退職する人の場合、職場の人に迷惑をかけることも多いでしょう。

自分のことだけを考えた態度での退職は後味も悪いものです。

もしかすると改善して仕事を続けられる方法もあったかもしれません。

ここがポイント!
急いで退職する人は冷静さに欠ける性格であることが多く、転職活動においても焦ってしまい、ブラック会社に再就職してしまう人もいるようです。

転職する際は慎重さと冷静な判断力が必要になります。

理想的な再就職ができる人は退職前から仕事探しをすることで追い詰められず、冷静な職探しができるのです。

成功する人は面接で油断しない

リク子
新卒者の面接よりも転職者の面接の方が採用側がシビアであるのは当然とも言えます。

そもそも転職者は社会経験もあるわけですし、年も取っています。

それなりに社会人としてのマナーや常識が身に付いているものとして面接官も対応します。

また、前職を辞めているという点においても次の仕事でも簡単に辞められては困るという気持ちもあるでしょう。

仕事に対する意欲の有無もしっかりと見極めたいので、志望動機なども詳しく知る必要が出てきます。

ここがポイント!
希望の会社に無事に再就職できる人は、面接などの採用試験に対する準備や対策を入念にしています。

まず身だしなみにおいても、就活にふさわしい髪型や服装、メイクなどを心がけているでしょう。

面接には余裕を持って行くようにし、事前にトイレで自分の姿を最終チェックするのです。

そして、面接当日の緊張を減らすために実践的な練習をしている人も多く見られます。

ドアをノックして入室する所から退室まで、家族や友人に見てもらうなどの対策を取っています。

敬語の使い方やお辞儀の仕方などもきちんとマスターし、志望動機や自己PRについても事前にまとめて上手く伝わるように工夫しているのです。

リク子
転職で成功する人は面接に重きを置いています。なるようになるだろうと面接を甘く考える人は失敗してしまいます。

威厳のある面接官を目の前にすれば、誰しも多かれ少なかれ緊張するものです。

だからこそ、自分なりの準備を前もってしておく必要があります。

面接への取り組みを真摯にしている人が志望会社に見事内定をもらえるのです。

成功する人は転職の媒体を上手に活用する

近年、転職エージェントなど転職のための支援サービスも増えています。

転職するとなると、まずはたくさんの求人情報を入手することが必要です。

全国各地にはハローワークなどの公共就職支援施設もありますし、求人情報誌も探せばいくらでもあります。

リク子
インターネットでも求人探しはできますよね。

面倒臭がらずにこまめに転職のための媒体を活用している人は、転職成功率が高いと言えるでしょう。

転職サイトなどを利用する場合は、かなり詳細までプロフィール記入が必要になります。

記入が億劫だと登録を諦めるのではなく、転職活動にプラスになることはできる限り取り組む姿勢が大切です。

転職にはマメさも重要な鍵を握っていると言えるでしょう。

【関連ページ】
第二新卒におすすめの転職サイトは?20代に強い12社を比較してランキング

成功する人は候補企業を1社に絞らない

リク子
どうしてもここに転職したいという会社があるとします。

その会社に再就職することを目標に、その会社に関わる準備だけを必死でしている人は転職に失敗する傾向があります。

強い気持ちを持って1つの会社を受けるのは良いことですが、実際問題として1社目に第一志望の会社を受けても気持ちが高ぶり過ぎて思うように面接で話せなかったという人も多いのです。

リク子
本命であればあるほど緊張するものですよね。

そもそも転職する際に1社だけ受けて受かるというのは、あまりにも成功率が低すぎるでしょう。

ここがポイント!
本命の会社があるのであれば、そこを受ける前にせめて2社ほどは他の会社も受けておきましょう。

成功する人はいくつか会社を受けることで、上手に面接の練習もしているのです。

また、視野を広く持って会社探しをすることで、本命以外にも理想に近い良い会社が見つかることもあります。

第一志望会社のほかにも第二志望、第三志望の会社を考えておくのが成功のコツです。

成功者の活動方法を上手に取り入れよう!

このように、転職で成功するか失敗するかは転職活動の取り組み方も大きく関係していることが分かりました。

リク子
自分の活動方法が失敗例に当てはまっていたという人は今からでも遅くありません。

成功者のやり方を是非とも参考に取り入れながら、焦ることなく堅実に転職活動をしていきましょう。

成功者は面接に関する準備も万全にしていますが、転職支援サービスでも面接の練習や履歴書の書き方を指導してくれる所があります。

活用できるサポートは前向きに活用して、効率の良い転職活動にしたいものですね。

おすすめの転職サービス

ハタラクティブ
ここがおすすめ!

・学歴・職歴がなくても大丈夫
・未経験求人が圧倒的に多い
・サポートが手厚い

ウズキャリ第二新卒
ここがおすすめ!

・20代・第二新卒に特化したサービス
・就職サポートの質が高い
・ブラック企業の求人は排除

就職SHOP
(リクルートグループ)
ここがおすすめ!

・第二新卒・既卒に強い転職サービス
・書類選考無しで100%面接が可能
・大手リクルートグループ

おすすめの記事