転職を考えている方の中で転職サイトを利用するべきかハローワークを利用するべきか解らないでいる方が多くいるのではないでしょうか。

転職サイトとハローワークでは求人の数や質、そして転職活動に対するバックアップの方法が全く異なります。

双方の特徴をしっかりと理解し、自分に合った方を利用しなければ転職活動が失敗してしまうこともあり得ます。

そこで今回は転職サイトとハローワークの違いを説明していきたいと思います。

転職サイトとハローワークそれぞれの特徴とは

転職サイトの特徴

転職サイトの特徴は「企業が運営する、転職サポートサービスである」ということです。

転職サイトは企業に人材を与えることによりその企業から収益を得る仕組みとなっています。

転職サイトに求人を依頼する企業の考えは「お金をかけてもいいから優秀な人材が欲しい」といったところでしょう。

転職サイトとしては転職が成功した分だけ収益も上がるわけです。転職サイトは転職を成功させるべく、サイトに登録した転職希望者を全面的にサポートし後押ししてくれます。

そしてサイトを利用する転職希望者には利用料が発生しません。

ハローワークの特徴

ハローワークは、正式名称を公共職業安定所と言います。

簡単に言うと「地域に根差した公共の就職支援サービス」です。

ハローワークは国が運営する行政機関で、地域の雇用を安定させることを目的としています。

営利目的で活動している機関ではないのでどんな企業でも無料で求人をお願い出来ます。

求人にそれほどお金をかけられないような中小企業や、地元企業からの求人が集まりやすいと言えるでしょう。

転職サイト同様、就職希望者側に利用料は発生しません。

求人の数と質が異なります

転職サイトの求人

転職サイトに求人を依頼するのは「お金をかけてもいいから優秀な人材が欲しい企業」です。

その企業は人事にお金をかける事が出来る安定した企業と言えるでしょう。

また転職サイトを運営する企業は取引をするうえで審査をする必要がありますから、転職サイトに求人情報が載っている企業は審査を通過した信用のある企業であるとも言えます。

つまり選りすぐりの優良企業ということです。その為、転職サイトには給料が高く福利厚生も充実した好条件の求人情報が多く見受けられます。

その分、転職希望者側に求められる能力のレベルも上がってくると言えるでしょう。

ハローワークの求人

ハローワークは企業側が無料で利用出来る機関です。

どんな企業でも無料で求人を依頼出来る為、求人数はかなり多くなります。

上記でも述べたようにハローワークの目的は「地域の雇用を安定させること」ですので、全国各地域にハローワークはあります。

求人の依頼をしたい企業は近くのハローワークに依頼する為、ハローワークの求人はその地域の地元企業の求人が多いと言えるでしょう。

営利目的の機関ではなく無料の支援機関であるハローワークにはかなり多くの求人が集まりますが、審査が厳しくない為ブラック企業や経営状況の悪い企業の求人もその分多く集まりやすいことがデメリットとなります。

それぞれどのようなサポートがあるのか

転職サイトのサポート体制

転職サイトを利用した場合には、転職成功に直結するサポートを受けることが出来ます。

それは転職の成功が転職サイト側の収益に繋がることが理由と言えるでしょう。

内容としては経歴に合ったお勧め求人の提示やエントリーシートのチェック、エントリーした企業に特化した面接訓練など転職希望者一人一人に寄り添ったサポートを受けられます。

また転職サイト側からすれば求人を載せている企業は取引先に当たる為、その企業の内情や特色を大変詳しく知っています。画面や紙面からだけでは得ることの出来ない情報を提供してくれます。

ハローワークのサポート体制

一方ハローワークでは「求職支援訓練」と呼ばれる支援を受けることが出来ます。

教育訓練機関の講習を受講することにより求職者が就職できるように支援する制度で、教材費以外は無料で利用出来ます。

ハローワークを利用する求職者に対し資格・技能を習得することを推奨しており、また条件を満たせば支援金を受け取ることも出来ます。

転職成功に直結するサポートを提供してくれる転職サイトとは違い、ハローワークは社会に通用する能力を身に付ける為のサポートを行ってくれるイメージです。

転職サイトがお勧めなのはこんな人

今よりもいい条件で転職したい人

転職サイトがお勧めな人は「転職に迫られていない人」、「現状に困ってはいないが今より良い環境(好条件や好きな仕事)で働きたいと考えている人」です。

転職サイトには魅力的な求人が次から次へと掲載されていきます。

給与も高く福利厚生も充実した優良企業の求人情報ばかりです。

その中で自分が転職する企業をすぐに決めるのは難しいのではないでしょうか。

そして企業側にも採用・不採用の決定権があります。

優良企業であればある程求められる能力もその分高くなる為、すぐに内定を貰えることは中々ありません。

転職サイトを利用しての転職活動はある程度の時間を要するのです。

しかしそれは良い点でもあります。

様々な企業に触れながらゆっくりと時間をかけて自身と向き合い、また自分を磨き自身をより良い職場へと導いてくれるでしょう。

ハローワークはこんな人にお勧め

地元で働きたい人

「親が病気して地元に帰らないといけなくなった」、「子供が生まれて転勤のない会社で働きたくなった」。

そういった理由で転職を希望される方にはハローワークを利用する事をお勧めします。

ハローワークには全国転勤があるような大企業の求人は少なく、中小・地元企業の求人が豊富だからです。

求人数も大変多いですから、急な場合でも安心して職探しが出来るでしょう。

働いていない空白の期間が長い人

また、休職期間や前職を辞めてからの期間が長い方にもハローワークがお勧めです。

正直なところ空白の期間が長ければ長い程、転職活動は不利になると言えます。

それは企業側が「病気になりやすい人なのかもしれない」、「働けない家庭事情があるのでは」と不安になるからです。

特に転職サイトに求人を載せているような大きな企業では一定の選考基準がある為、履歴書を見ただけで落とされてしまう可能性があります。

逆にハローワークに求人を依頼している企業は中小・地元企業が多いですから、履歴書だけで落とされることはほとんどありません。

面接にてきちんと事情を説明し人柄を認めてもらえれば採用して貰える可能性も充分あります。

ハローワークの目的は「働けていない人になんとしても職を持ってもらうこと」ですから、自身の経歴や能力に自信のない方はハローワークを利用するのが良いでしょう。

双方にメリット・デメリットがある

選考は厳しく活動に時間がかかるがより良い環境で働くことに臨める転職サイト、好条件な求人は少ないが逼迫した状況で安心して利用出来るハローワーク、双方にメリット・デメリットがあります。

きちんと自分の置かれた状況を把握しどちらを利用すべきか見定め、転職活動に取り組みましょう。

また転職サイト、ハローワーク共に求職者側に利用料は発生しません。

両方とも一度利用してみて、どちらで活動を進めていくのか決めるのも良いかもしれません。

おすすめの記事