転職したいと思ったとき、「会社を辞めてから次の会社を探す」ほうがよいのでしょうか。

それとも、「会社に籍を置きながら新しい会社を探す」ほうがよいのでしょうか。

たとえ今の会社をすぐにでも辞めたくても、実際に退職するとなると勇気が必要ですから、どうしたらよいか悩む人も多いでしょう。

実は、在職中に転職活動をすることと退職後にすることには、どちらもメリットとデメリットがあるのです。

それらをよく知ったうえで自分に合った転職活動をしましょう。

在職中に働きながら転職活動!メリット・デメリットは?

メリット1.経済的な心配がない

会社に勤めながら転職活動をおこなうときのメリットは、何といっても、「経済的な心配がない」ことです。

転職活動中は、日々の生活費以外にも面接時の交通費などの費用がかかります。

しかし、在職中であれば、決まった額の給与を受け取り続けることができるので、安心して転職活動ができます。

仮に転職がうまくいかなくても、生活に困ることはありませんから精神的に楽です。

落ち着いて、妥協せずに本当に行きたい企業を探すことができます。

メリット2.キャリアのブランクがない

「キャリアのブランクがない」こともメリットです。勤めている企業を退職した人に対して、企業は「何か不都合な問題があって辞めたのだろうか」などと疑うことがあります。

特に、無職の期間が長期になれば「この間、何をしていたのか」と質問されてしまいます。

しかし、在職中に応募しているのであれば、そのような心配はありません。

相手企業も、きちんと仕事をしている人が転職したいと応募してきたと好意的に受け取ってくれます。

面接でも、ゆとりをもって採用担当者にアピールできるでしょう。

デメリット1.時間の余裕がない

在職中に転職活動をするデメリットは、まず「時間の余裕がない」ことです。

働きながらでは、企業研究をする時間や面接に行く時間がなかなかとれません。

応募先の企業は、転職希望者の都合に合わせて面接の日時を設定してくれるとは限りませんから、せっかく有利な条件の転職先があっても、面接のタイミングが合わずに応募できないこともあります。

また、「すぐに入社できる人」という条件の求人には、応募することができません。

デメリット2.転職活動へのモチベーションが薄れてしまう

「転職活動へのモチベーションが薄れてしまう」こともデメリットです。

会社の仕事と転職活動を両立させようとしても、体力的にも時間的にも難しいことがあるでしょう。

会社の仕事をきちんとこなしながら転職のために行動することは大変ですから、結局、転職活動にしわ寄せが行き、中途半端になってしまいがちです。

次第に、転職への意欲を失って時間だけが過ぎてしまい、転職のタイミングを逃す結果になるかもしれません。

退職後にゆっくりと転職活動!メリットとデメリット

メリット1.時間的な余裕がある

会社を退職して転職活動をおこなうメリットは、「時間的な余裕がある」ことです。

落ち着いて自分自身が本当にしたい仕事について考える余裕も生まれます。

資格取得のために勉強をしたり必要なスキルを身につけたりする時間もできるでしょう。

面接日程を気にすることなく応募できますし、企業研究や面接の練習をする余裕もあります。

企業からみると、在職中の人は辞めるまでの時間を見なくてはいけませんが、退職した人ならば企業の都合のよいときに入社できますから、積極的に採用しやすい人材といえます。

デメリット1.経済的、精神的に不安

しかし、「経済的、精神的に不安」だという点はデメリットです。

すぐに次の職場が見つかるだろうと思って会社を退職したものの、思うような転職先に巡り会えないこともありえます。

自己都合で退職した場合、失業保険が受け取れるのは3カ月も先ですから、すぐに再就職できなければ貯金を切り崩す生活が続きます。

預金通帳の残高が減り続けるのを見ることは大きなストレスです。

経済的な不安が精神的な不安を呼んで、もしも、このまま新しい会社が決まらなかったらどうしようと焦ってしまい、冷静さを欠いて不本意な会社に転職してしまう危険性もあります。

在職中に転職活動をするのがよい人とは?

転職に不安がある人

在職中に転職活動をすることが望ましい人は、「転職に不安のある人」です。

たとえば、経済的に不安な人。預貯金が少なく退職したらすぐに生活が成り立たなくなるような人は、数カ月は生活できるだけのお金を貯めておきましょう。

さらに、自分のスキルに不安を感じている人も、在職中に転職活動を始めるのがよいのです。

転職の面接で自分を十分にアピールできないようであれば、早まって現在の会社を辞めることはせずに、職場で経験を積んで自分のスキルを磨いたほうがいいでしょう。

うまく転職できる自信のない人は、できるだけ在職中に転職活動を始めましょう。

転職サイトがおすすめ

在職中に転職活動を進めるときには、「転職サイト」への登録をしておくとよいでしょう。

転職サイトでは、インターネットを利用して、時間のあるときにサイト上で気になる求人を探し、応募するスタイルで転職活動をすすめます。

自分で求人を検索するうちに、転職に必要なスキルや、転職時の給与相場などを知ることができますので、本当に自分は転職すべきかどうかというところから真剣に考えることができるでしょう。

退職後に転職活動をするのがよい人とは?

転職活動をする時間がない人

会社を辞めてから転職活動をすることが望ましい人は、「転職活動をする時間がない人」です。

現職にとどまりながら面接に出かける時間を作れそうにない人は、思い切って退職するほうが自由に転職活動に集中できます。

また、当然ですが、残業が多く長時間の労働を強いられている人や上司や同僚から精神的に追い詰められている人も、心身を病んでしまう前に退職することが望ましいです。

退職してリフレッシュしてから自分のキャリアを考え直すといいでしょう。

仕事を多く抱えている人

現在の会社や部署全体で仕事を多くかかえていて、それが長期間継続する見通しがあるような人も、先に退職をしてから次の仕事を探すほうが効率的でしょう。

なぜなら、転職先を決めても仕事の引き継きに時間がかかって、新しい会社に入る時期がずれ込んでしまうケースもあるからです。

なかには、上司から退職を思いとどまるように強く圧力をかけられて退職しにくくなる人もいます。

そのような場合は、転職予定先の企業に迷惑をかけてしまうかもしれません。

転職エージェントがおすすめ

退職をしたあとで転職活動をする人におすすめなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントに登録すると、専門のアドバイザーが転職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

履歴書や職務経歴書の書き方を指導し、面接の練習などもしてくれますから、転職を有利に進められるのです。

一般には公開されていない求人にも応募できるようになります。

しかも、無料でこれらのサービスを受けることが可能です。

自分の状態を冷静に判断して転職活動に入ろう

在職中に転職活動をする場合も退職してする場合も、両方ともメリットとデメリットがあります。

そのため、転職したいときには、退職届けを提出する前に自分自身の状態を冷静に考えてみましょう。

転職したいという気持ちはどれくらい真剣なのか、転職活動をする時間はあるのか、転職に有利なスキルや資格は持っているのかなど、人によって状況はさまざまです。

現実的な話としては、預貯金がいくらあるのかも重要な判断材料となります。

落ち着いてそれらのことを考えながら、転職サイトや転職エージェントで情報収集をしましょう。

おすすめの記事